フィリピンでもブラック企業!?インターンで働く前に気を付けるべきこと

フィリピンでもブラック企業!?インターンで働く前に気を付けるべきこと

みなさんはフィリピンにもブラック企業があることをご存知でしょうか?

日系企業またはそうではない企業でも6ヶ月の使用期間後で従業員のクビを切る企業や支払っているお給料が最低資金を下回っていることもあります。その他にも観光ビザで日本人を働かせる会社もあり、長時間のサービス残業やパワハラなどをコンプライアンスの低い日系企業もフィリピンに存在しています。私自身も最初に就職した日系企業では15000ペソ(約32000円)などととても給料が低く、パワハラなどを日常的に行う酷い会社に勤めていたことがあり、今思えばすぐ退職してフィリピンの労働局に通報すればよかったと思っています。

もしフィリピンでインターンまたは正社員として働こうと思っている場合は、就職活動をする際には必要以上に気を付けなければなりません。いざ就職をして契約書にサインをしたら、とんでもないブラック企業だったということもありますので、できれば面接を受ける前に会社について調べてみることをおすすめします。

今回の記事では、日系企業での勤務経験があるフィリピン人である私の実体験も踏まえ、そういった福利厚生の整っていないフィリピンのブラック企業についてまとめていますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

観光ビザで働かせるのは違法

フィリピンではインターン生や使用期間の方に、6ヶ月後に労働ビザを出してくれる会社がありますが基本的にフィリピンでは観光ビザで働くことは禁じられています。

もしDOLE(労働雇用省)やNBI(国家捜査局)に通報が行った場合、最悪会社そのものが摘発され、役員含む関係者全員が強制送還させられる恐れがあります。万が一ブラックリストに載ったら最低でも10年はフィリピンに入国できず、ベトナムやマレーシアに行った時でも、なぜフィリピンでブラックリストに載ったのかと問われる場合がありますから、非常にリスクが高いです。

 

いざ入社したら業務内容が契約書と違う

日本のブラック企業では実際に面接で話したことと契約書に載っている業務内容が違っていることがよくありますが、フィリピンのブラック企業でもそういったことがよく起こります。

実際に話した内容はサイト制作の業務なのに、いざ入社してみたらコールセンター事業だったこともすくなくはありません。また、お給料の方も実際話していたことと契約書に載っている金額は違う事もあり、その際には契約書にサインする前に人事または採用担当者に問い合わせた方がいいです。最も、話していた内容と全然違うと言っても、しらばっくれをして何かしらの言い訳をするだけかと思いますが、それでもきちんと確認をすることをおすすめします。

 

フィリピン人もブラック企業の被害に!?

日本人だけではなく、現地にいるフィリピン人もフィリピン国内にあるブラック企業の被害に遭っています。あの有名なSM(シューマート)やジョリビーですら、試用期間(6ヶ月)以内に解雇し、新たに雇用する、というサイクルをひたすら繰り返すといった違法行為がメディアでも暴かれるようになりました。

当然、解雇された人はまた新しい仕事を探さなければなりません。

特にフィリピンでは仕事を探すことがとても困難で、すぐに新しい職場で働くことができないので、こういった雇用体系は非常に悪質極まりないです。また就職する際には、必要条件である健康診断やNBIカードを新しく発行して人事に渡さないといけないので、6ヶ月ごとに無駄な時間とお金を浪費することになってしまいます。実はSM・ジョリビーなどの現地の企業だけではなく、一部の日系企業もこのような違法行為をしているので、そういった企業はあらかじめネットなどで評判をチェックしておいて、なるべく入社しないようにしましょう。

 

安全だと思っていても常に用心すること!

実は、私もマカティのとある日系企業で働いたことがあります。その会社の悪評はフィリピンにいる日本人の間でもかなり知られていたらしいのですが、私にとっては初めての日系企業だったので、どのような会社なのか知らないままに入社してしまいました。

そこは、日本人が普通に観光ビザで働いているようなアブない会社で、自分が所属していたECサイト運営の部署でもほとんどの人が観光ビザで働いていたのです。

最初は「観光ビザで働いてもいいのか?」と疑問に思いましたが、まあそんなものだろうと気にしていませんでした。しかし入社1か月とかからずして退職していく日本人が絶えず、おまけに経営者の方は毎日のように怒鳴り散らすなどパワハラ行為を行っていて、とてもひどい会社でした。

さらに給料は全く上がらず、日々の業務のみが増えていくばかりです。自分はそういった会社でも帰宅の時間だけは定時通りにしていたのですが、そこで働く日本人は普通に21時から22時までサービス残業をしていたので、なんともいたたまれない気持ちになりました。

ちなみにこの会社は、楽天市場などで様々な賞をもらっている有名なネットショップで、そういったサイトを運営している会社でも、違法行為をしているのかと思うと、とても恐ろしいです。

もし皆さんがこういった会社に勤めている場合は、すぐ退職することをおすすめします。一度強制送還をされて、ブラックリストになったら元も子もないので、フィリピンで就職活動をする場合は、こういった危ない会社に入社しないように気を付けておきましょう。

コメントをのこす