フィリピンではどの携帯キャリアがおすすめ?SMARTとGLOBEなど各キャリアを比べてみた!

フィリピンではどの携帯キャリアがおすすめ?SMARTとGLOBEなど各キャリアを比べてみた!

フィリピンなどの海外でインターネットを使用するには、出発する前に日本で海外通信サービスや海外用POCKET WIFIを利用していることも多いかと思います。

しかし、サービスによってはたった1日で数千円までの費用が掛かる場合もあります。

 

せっかく物価の安いフィリピンに来たので、できれば通信費も抑えたいという方にはフィリピン国内のキャリアをおすすめします。

ちなみに空港やコンビニ、ショッピングモールでもsim カード購入することができます。

 

フィリピンではSMARTやGLOBE、SUNなど様々なキャリアがありますが、今回はどれがいいのかという疑問に答えて各キャリアの比較をしてみようと思います。

 

SMART

私自身も利用しているSMARTです。

カバーエリアが広く、メトロマニラ内であればどこにいても大体繋がるので非常に安定しています。

 

各プロモも非常にお得で50ペソ(約100円)のプロモに登録した場合、1GB+YOUTUBEで使用できるデータ量1GBがついてくる上に、時期よっては登録している方のみに毎日700MBや1時間分のデータ量が自動的に配布されることもあります。

 

他にも、7日間利用できる99ペソのプロモから、1か月間で999ペソというプランもあり、色々な価格帯から選ぶことができます。

「Smart Prepaid Data Plan」と検索してみると公式ページが出て来ると思います。

 

また、たとえプロモの有効期限が切れて、残高がなくなっても、フェイスブックにアクセスすることができるフリーモードもあるので、超節約志向の人はそういう使い方もアリです。

※フリープランなので画像は表示されません。

これはスマートフォンにSIMカードを挿したら自動的に反映されるようになっているので、その際はフリーモードに切り替えるかのポップアップが表示されます

 

Smart 傘下のTNT

 

そのほかにSMART会社はTNT(talk n text)という、現地人でもお手ごろな価格で利用できるSIMカードを提供しており、20ペソのプロモで(約50円)TNTやSMART、SUNの間で2日間

無制限に電話をかけることができます。

 

ただデメリットとしては、特定の地域はSMARTの電波が届かない場合があり、国際電話に掛けられないという声が多いので、その際には他のキャリアを使用せざるを得ない時もあります。

 

Globe Telecom

フィリピン人の間でもかなり使用している方が多いGLOBEです。

SMARTの電波が届かない場合は、大体その地域はGLOBEの電波塔ばかりである可能性が高いです。

 

こちらも50ペソで利用できるプロモがあり、YOUTUBE用のデータ量も追加されているのですが、700MBのデータ量とYOUTUEB用の300MBとなりますので、SMARTと比べると少しデータ量が少ないです。

またプロモの違いは1日間使用できる15ペソから、1か月使用できる999ペソのプランがありますが、99ペソのプロモはありません。

 

どうしてもSMARTほど基地局が多くないため、カバーエリアや電波の安定性は大きな期待はできません。

しかし、ボラカイやボホールなどといったリゾート地では、SMART以上の安定感がある地域もあり、頻繁に国内旅行するのであれば、Smart と Globe 両方のSIMカードを購入しておくことをオススメします。

ただ、Globeの場合Smartと違って、プランの購読が終わってもデータをONの状態のままにしていると、勝手にロードが消費されてしまうため、仮に500ペソロードし、50ペソのプランを購読しても、プラン購読の通知に気づかずにデータを使い続けてしまうと、あっという間に500ペソ使い切ってしまいますので、注意が必要です。

その点Smartは良心的で、データプランの購読が終わっても勝手にロードを消費する事なく、むしろSMSでプラン購読が切れてますよ!と何度も通知してくれるぐらいです。

 

個人的にはSmartをメイン、Globeを緊急時用という位置づけで利用しています。

 

GLOBE会社もSMAR会社と同様にフェイスブックでフリーモードに切り替えることができます。

 

Globe傘下のTM

GLOBE会社もSMART会社と同じく、ローカルの方に合わせたTMというSIMカードを提供しています。

スマート会社のTNTとの違いはプロモにあります。

 

こちらでは10ペソ(約20円)でフェイスブック用のデータ量が100MBが配布されます。

またTNTでは2日間の間、制限なしに電話をかけることができるプロモが20ペソですが、TMでは15ペソになっていますがGLOBEとTMの間でしかお掛けすることができません。

150ペソで自分が使うデータ量を調整できるプランもあります。

 

SUN

現在はあまり使用する人が少なくなったSUNです。

実は20ペソで2日間ほど無制限で電話をかけることができるプロモを提供したのはSUNがはじめてになります。

その上にSMARTやTNTにも電話をかけることができたので、当時は非常にたくさんの方から好評されていました。

 

現在はSMART会社やGLOBE会社にも同じようなプロモが提供されており、プロモの価格が25ペソに上がってしまった上に、SUNでのみしか掛けられなくなったので以前のような人気はなくなってしまいました。

フィリピン国内でSIMカードのロードをチャージする方法まとめ

 

結論

個人的にはSMARTをおすすめします。

 

最もな理由がメトロマニラ内であれば問題なく利用することができ。安定感抜群のキャリアになっています。

また配布されるデータ量が他のキャリアより多いので、かなりお得です。

 

ただ地域によってはGLOBEの方が安定感があります。

また国際電話をかけることができないのですが、今の時代ではラインやフェイスブックなどから電話をかけることができるので正直そこまでデメリットとは思いません。

 

話が変わりますがSMART会社ではSMART PADALAという送金サービスがあり、SMART会社のSIMカードさえ利用していてSMART PADALAに対応しているサリサリストアであれば。どんなに遠くてもお金の送金や受取りなどもできるので田舎からマニラで出稼ぎに行っている方たちにもかなり利用されています。

GLOBE会社にもG-CASHというSMART PADALAに似たようなサービスを提供しているのですが対応しているサリサリストアはあまり多くなく、そこまで利用されていないという点でもSMART会社は多くのフィリピン人にもご利用されている理由だと思います。

 

コメントをのこす