英才教育?マニラの子ども向けプログラミングスクール

英才教育?マニラの子ども向けプログラミングスクール

「マニラにプログラミングスクールなんてあるの?」と思う方もいるかと思いますが、フィリピンではここ数年、様々なプログラミングスクールが設立されています。

また、日本同様オンラインのお子様向けのプログラミング学習サイトもあるにはあるのですが、きちんとした指導者がいないと、子供もよくわからずに挫折してしまう可能性も高いです。これは大人である私たちにも言える事かもしれませんね(^^;

というワケで、もしお子さんにプログラミングを学ぶ機会を与えたいのであれば、オンラインレッスンではなく子ども向けのプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

 

フィリピンのIT労働者人口の増加

フィリピンでもここ最近インターネット発展とともに、様々なものがプログラミングなどによって開発されてきています。フィリピンだけではなく、日本でも近い未来にプログラミングの知識を持つことが当然の時代がやってくると思います。自動車や家電製品などの身の回りにあるものにもインターネット通信を持たせたIoT「Internet of Things」という概念も今ではだいぶ浸透してきました。

そういった理由から、お子様を持つ方の中には、小さいうちから自分の子供にプログラミング言語を学びさせたいという方もいらっしゃると思います。2010年代頃から、世界的にスマートフォンの所有率も急増し、アプリ開発の需要は高まっています。もしかしたらお子さんも突然アプリ開発したい!と言う時が来るかもしれません。かつては存在しなかったYouTuberなんて職業が、お子様のなりたい職業ランキング3位に入る時代ですから、5年後10年後何が起きても不思議ではありませんね。

 

まず初めに

プログラミングとひとくくりにいっても、実際は数多のプログラミング言語が存在しています。プログラミングについて全く知識がない親御さんからすると、一体何を学ばせれば良いのかわからないかと思います。

プログラミング言語は、私たちが日常生活で使っている日本語や英語といった言語と違い、言語の種類によってできることが異なっています。

サーバーサイドの開発に使用する言語や、Webアプリケーションの開発に使用する言語など、プログラミング言語によってはできることとできないことがありますので、お子様が将来どのようなものを作りたいのかというビジョンを把握してプログラミングスクールに伝えるのがベターです。

 

プログラミングというものは他の習い事と違って、お子様の成長がはっきり見えるものではないので、最初の方ではいろいろと不安だと思います。

それでも、お子様自身に合ったプログラミング言語ときちんとしたカリキュラムを組んだプログラミングスクールに通えば必ず成長することができます。

 

プログラミングスクールに通う前にお子様と一緒に見学や体験をすることで、スクール側の指導方法がお子様にあっているのか見極める必要があります。

まずは一度色んなプログラミングスクールに足を運んで、そのスクールの指導方法がお子様に合っているのか確かめてみましょう。

 

 

TECH BOOTCAMP FOR KIDS AND TEENS(TBC4K)

TBC4KはUP System Information Technology Foundationによって設立されたプログラミングスクールです。ここに在籍している講師たちは、全員フィリピン大学の卒業生で、各分野において深い経験を持っているので、お子様に合ったレッスンをしてくれます。

※フィリピン大学(通称UP:ユーピーは、日本で言う東大に当たります。)

 

住所:RM303, 3/F Vidal A.Tan Hall, Quirino Ave. cor Velasquez St., University of the Philippines, Diliman, Quezon City

電話番号:788-5898

料金:各コース(9000ペソ)

スケジュール:4月3日~5日・5月8日~12日

 

CODING4KIDS

2014年に開始されたCoding4Kidsは、元コンピュータ科学技術情報大学教授であるArvin Encarnacion(アーヴイン エンカーネーション)による個人チュートリアルを提供しています。 こちらのプログラミングスクールは一年中空いていて、米国で提供されている様々なコードクラブコースに基づいて設計されています。スケジュールは事前予約が必要で、1日に2回のレッスン(午前9:30〜午後2:00)があります。

 

・ゲームデベロッパーコース(5歳以上)2000ペソ

子供たちにビデオゲームプロジェクトを通してさまざまなコンピュータプログラミングの概念を教えるように設計されているコースです。

 

・ロボティクスエンジニアコース(7歳以上)2000ペソ

様々ななロボットプロジェクトを通じて、ロボットの設計とプログラミングの概念に子供を紹介するように設計されているコースです。

 

公式フェイスブックページ

https://web.facebook.com/coding4kids.ph?_rdc=1&_rdr

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!今回はプログラミングスクールについてまとめてみました。プログラミング言語は将来にかならず必要になると思うので、お子様が幼いうちから学習させておいた方がいいかもしれませんね。最も、小さいうちはお子さんが一番興味のある事を学ばせるのが最善であることには変わりありませんが。

ではみなさん次回の記事までお会いしましょう!

コメントをのこす