イクメンパパ必見!子供が喜ぶマニラのレジャースポットをまとめてみた!

イクメンパパ必見!子供が喜ぶマニラのレジャースポットをまとめてみた!

フィリピン国内には、キレイな海でのダイビングや、リゾート地でまったり過ごしたりできる場所がたくさんあり、日本からは毎月5万人近くの渡航者がいらしています。治安を気にしてか、小さなお子様連れで来る日本人がやや少ないのが残念ですが、タイとフィリピンの治安は正直大差無いぐらい良くなってきていますから、お子様連れでも安心して過ごせる事でしょう。

今回は、小さいお子様が目いっぱい楽しめるマニラのレジャースポットを一挙公開。

フィリピンには、様々な遊園地やプレイスポットがあります。フィリピンにそれなりにきちんとした遊園地があり、有名なところではEnchanted Kingdom(エンチャンテッド・キングダム)やstar city(スターシティ)というものがあります。その他にも有名なところだとオーシャンパークとマニラ動植物園というものがあります。

※peryahan(ペリヤハン)というローカル地域もあるのですが、治安や設備的に安全とは言えない所が多いです。

 

Enchanted Kingdom(エンチャンテッド・キングダム)

Enchanted Kingdom(エンチャンテッド・キングダム)はラグナ州のサンタローザ市にあるフィリピンで最も大きい遊園地です。

こちらの遊園地に行く際にはバスやGrabを利用する必要がありますが。マカティにあるアヤラモールでEnchanted Kingdom専用のシャトルバスに乗ることによりラグナ州に向かうこともできます。シャトルバスのスケジュールはEnchanted Kingdomの公式サイトに記載されていますので、そちらで確認することをおすすめします。

Enchanted kingdomのマスコットは魔法使いのエルダー(Elderがいて、有名なアトラクションはスプラッシュマウンテンと呼ばれているものが人気です。

 

star city(スターシティ)

star city(スターシティ)はマニラのパサイにある遊園地です。こちらはマニラにあるのでEnchanted kingdomのようにわざわざ地方に行く必要がなく、モールオブアジアに近いです。

料金の方は入場料が70ペソ(約160円)で乗り放題が450ペソ(約1100円)になっています。

star cityのアトラクションには、空を駆け回る絶叫ジェットコースターがあり、水面へと一気に落ち急流すべりをするJungle flashというものもありますので、真夏の時期は子供だけではなく大人も気持ちよく楽しむことができると思います。

 

Manila ocean park(マニラオーシャンパーク)

Manila ocean park(マニラオーシャンパーク)は2008年にマニラのエルミタという場所で設立されました。他の水族館と同様に色んな魚がいて、真夏などの暑い日にはもってこいの場所だと思います。様々なショーもやっていていろんな魚と触れ合うことができるので、もしかしたらフィリピンでしか見かけない魚を見ることができるのかもしれませんね。

ちなみに料金は時期によって変わっており、2018年11月現在では下記のようになっていました。

 

Marine Voyage 15: 995ペソ(約2000円)

Sea Breeze Express 12: 785ペソ(約1650円)

Deep Sea Rush 6:590ペソ(約1240円)

Ocean’s Madness 5:650ペソ(約1360円)

 

Kidzania manila(キッザニア マニラ)

日本でもかなりの人気がある職業体験型テーマパークのキッザニアが、2015年にフィリピンでオープンしました。場所はボニファシオ グローバル シティでフィリピンのキッザニアでは、

ホテルや病院、テレビ局、消防署などの他に100種類以上の職業を体験することができます。お子様だけではなく、家族と一緒にゆっくりと職業体験をすることができるので週末のお休みなどに行くことをおすすめします。

また入場料は下記の党になっていますのでご参考に

 

月曜日~木曜日

7歳~14歳 750ペソ(約1580円)

1~3歳または15歳以上 420ペソ(約880円)

 

金曜日~日曜日・祝

7歳~14歳 1000ペソ(約2000円)

1~3歳または15歳以上 420ペソ(約1150円)

 

 

レジャースポットでの注意点

①ここは日本ではありません!

どういう意味かというと、フィリピンは日本と違って、少々解放感があるというか、子供に対しても寛容過ぎる親がいるので、日本人からするとマナー違反では?と思うような事や、さすがに行儀が悪すぎる、と感じる事を仮に子供がしていても、人前できつく叱ったりするような親あまりいません。

日本だと周りの目を気にしてか、小さなお子さんにも大人のマナーを強要するようなシーンを見かける事がたまにありますが、ここは南の国フィリピン。

道端で大きいスピーカーを使って音楽を大音量で流しても、誰も苦情は言いません。子どもがキャーキャー大声で騒いでいてもお構いなしです。

むしろそういった「子供らしさ」を気にしてしまう今の日本社会が異常なのかもしれませんが、こういったレジャースポットでの周りの子供たちの行動には、できるだけ寛容でいた方が気分がラクかもしれません。

 

②水分補給を忘れずに

炎天下では熱中症になる可能性もあるので、小さいお子さんにはこまめに水分補給させましょう。

 

③汗は頻繁に拭いてあげましょう

汗をかいたままクーラーの利いた部屋に長時間居たりするのは避けましょう。フィリピンのクーラーの温度は常に冷凍庫並の低さです。大人でも風邪を引く可能性は高いので、南国だからと羽織るものを一切持ってこないと後悔する事になるかも(^^;

 

 

まとめ

いかがでしょうか!フィリピンでは子供が楽しく遊べるところがたくさんあり、大人であってもデートスポットとして有名です。Starcityはモールオブアジアの近くなので、遊び終わったあとはモールでお買い物をするのもいいかもしれませんね。

それでは皆さん、また次回の記事でお会いしましょう!

コメントをのこす