本当はコワイ!?フィリピンのママ友会(日本人会)

本当はコワイ!?フィリピンのママ友会(日本人会)

こんにちは!フィリピン在住のマリコと申します。

 

フィリピンにいる日本人女性の中には、旦那さんのお仕事の都合などでフィリピンに住んでいるという方も多いと思います。

私もかれこれフィリピン3年目になるのですが、日本では経験できないような事を色々体験できました。

日本に住んでいる人の中には、海外暮らしに憧れを持つ方もいると思いますが、マニラやセブのように駐在員が多く住むエリアには、必ずと言っていいほど日本人コミュニティが存在します。全てのコミュニティがそうとは言わないのですが、日本社会特有の閉塞的な人間関係に悩まされるなんて事も…。

特に、強制加入の婦人会では日本人なら日本同士仲良くするという考えが当たり前で、そういったコミュニティと協調しないとハブられる可能性もあります。

婦人会はほぼ強制参加です

語学留学や転勤など様々な理由でフィリピンに来る方がいらっしゃいます。その中でも、フィリピンにある日本人会に勧誘された方も結構いるかと思います。

旦那様が日本人会に入っている場合、奥様は婦人会に加入されられます。参加後は、定例会の案内メールが来るのが通例です。

 

定例会では、新人の方ははじめに自己紹介をさせられますが、実は自己紹介をする前の段階で、旦那さんや務め先の会社、新居の場所などはおおよそ把握されていています。

どうやら婦人会に所属している方の大体は、新人のプロフィールには目を通していて、「なんでそんなこと知ってるの?」と少々びっくりする事もかなりありました。

女性間の情報伝達速度は男性のそれと比べると非常に早く、場合によっては怖いとすら思うかも知れません。ましてや知らない方に自分の情報を徹底的に調べられるのはあまりいい気分ではありません。

また、婦人会の日本人女性はフィリピン人とはあまり関わろうとしないため、どうしても毎回毎回同じ人と顔を合わせる事になってしまいます。

 

基本的に集団で群れを成す習性があります。

治安の面もあるので自然とそのようになってしまうのかもしれませんが、婦人会の女性は日本人同士で群れ合うのを非常に好みます。上述したように、コミュニティに新しく入って来るメンバーの情報をかき集め、婦人会の間で共有しています。道端で婦人会のメンバーとばったり会った時、聞いてもいないのに来週新たに入って来るメンバーのプロフィールを告げられたことがあります。。。

 

またメンバーの誰かがボランティアや習い事をしていると、他のメンバーもそういったことに参加しようとする流れがあり、誰かがおいしいレストランやこういった活動をしているのを知ると、なぜか自分も同じ事をしたい!と考える傾向にあります。

やはり人種を問わず、女性は噂好きなのだなぁと痛感したのですが、特に時間に余裕がある奥様方は噂をするのがとても大好きで、フェイスブックやラインでもいろんな話題で盛り上がっている印象です。レストランでこういうものを食べたとか、どこどこでこんな事をしたとか、フェイスブック上でも頻繁にアップデートが行われています。

しかし、こういった日本人社会に浸かっていると、せっかくの海外に来ていつというのに視野が狭くなってしまいがちです。

せっかく海外にいるのに、返って日本にいる時よりも閉鎖的になる人も中にはいますから、婦人会だけに囚われず、自分が付き合いたい人たちが集まるようなコミュニティに積極的に参加するようにすると良いです。

 

海外に来てまでご近所付き合いに煩わされるのは精神的に辛いものがあります。

これはフィリピン国内の話ではないのですが、タイでも2018年9月、鬱で療養中だった日本人女性が、バンコクのコンドミニアムから飛び降りて命を絶たれてしまいました。旦那様の仕事でお子様二人と一緒に暮らしていたのですが、様々なストレスが原因でそのような痛ましい事件が起きてしまいました。

 

ご本人でないので私は何が原因なのかここで断定する事はできませんが、ただでさえ文化や生活環境の違いからストレスを感じてしまいがちですから、日本人コミュニティのみに囚われて、かつそこでストレスを感じてしまうようであれば、私は一度人付き合いを辞めてみるのも手だと思います。

 

もしかしたら旦那の出世に響くかも…。

 

健気な奥様ならそのように考えてしまうかもしれませんが、自分の心身の健康を気にするのも旦那様のためだと考えてみましょう。

 

最初はきっと頼れる人が少ない状況でしょうけど、絶対に無理は禁物です。

 

独立するママさんはハブられる!?

これは婦人会やママ友会に限った話ではなく、日本社会でも目にする光景かもしれませんが、英語が堪能で、どこへ行くにも一人でへっちゃらというタイプの女性は、そういったコミュニティ内では奥様方にハブられる可能性もあります。

皆さんご存知の通り、日本人はあまり英語が話せませんし、婦人会のメンバーの中で何でもできる人がいると面白くないと思う人もいて、何かしらの反感を買うことがあるかもしれません。

婦人会のメンバーは新人に対して、上から目線で接することを好む傾向にあり、右も左もわからない人はとても歓迎されていますが、そうではない方はメンバーの方のプライドを傷つけてしまうため、奥様方からあることやないことを広められてしまう可能性もありますので気を付けておきましょう。

こういったことが原因で、思わぬトラブルに巻き込まれる場合もあるので、もし語学に自信があったとしても最初のうちは右も左もわからない海外初心者を偽っていた方が、問題もあまり起きないと思います。

 

まとめ

女性の人間関係はいろいろと奥が深く、女性同士でもよくわからないことがたくさんあると思います。それでも信頼できるママ友と知り合えることはできると思うので、諦めずに友達を探してみましょう。素晴らしい人と友達になれるかもしれません!無理せず肩の力を抜いて交友の輪を広げていってみましょう!

 

MyPhではママ友を募集することもできます!

一人で寂しい海外生活でストレスが溜まっていませんか?

MyPhではサイト上でママ友を募集することができ、いろんな情報を得ることもできます!フィリピン生活では心細い方でも、気が合う方とお友達になることもできると思うので、是非気軽にイベントなど掲載して頂ければと思います。

 

注記

今回ご投稿頂きました記事はあくまでも個人の体験談を元に書かれたものです。特定の団体やコミュニティの評判を貶める目的ではございません。

何卒ご了承くださいませ。

コメントをのこす