違法就労に気を付けて!フィリピンでインターンする際の注意点

違法就労に気を付けて!フィリピンでインターンする際の注意点

フィリピンには日本から企業がたくさん進出していて、その中には有名な大手企業も含まれます。

個人の方でも海外旅行や海外出張に来る人もいて、わざわざフィリピンにある会社にインターンとして働く人も少なくないと思います。

しかし、フィリピンのような海外に向かう際には、ビザが必要だという事をご存知でしょうか?日本のパスポートは世界一信用度の高いパスポートとして知られているため、多くの国に観光目的で入国する場合はビザが不要(査証免除)となるため、そういった知識に疎い方も少なくないのではないでしょうか。

ビザの種類も観光ビザ(Tourist visa)や就労ビザ(Working visa)など様々なビザがあって、フィリピンでインターンをする際には、必ず就労ビザ(Working visa)を取得する必要があります。取得していないと色んなトラブルに巻き込まれる可能性があるため、今回の記事ではインターンに関する様々な情報を載せていこうと思います。

 

就労ビザを発行してくれない会社がある

日系企業に限らず、フィリピンの会社では日本人に対して、就労ビザを発行してくれない会社も少なくはありません。しかもそういった会社の多くが求人サイトに記載されているのため、大手メディアに掲載されている求人だからと言って油断はできません。

以前私が勤めていた日系企業でも、表向きではビザの用意をすると日本人の方に伝えていたらしいのですが、就労ビザではなく観光ビザでした。フィリピンにある会社の大体は「試用期間の場合、就労ビザは発行しない。」などといった理由で発行してくれませんが、こういったことは明らかに違法なので気を付けておきましょう。

万が一、フィリピン側から今務めている会社が正当なビザを外国人労働者に対してに与えていないという事実が発覚した場合、NBI(フィリピン国家捜査局)から調査対象となるので雇用主の方も十分に気を付ける必要があります。

 

観光ビザで働いてはいけない

フィリピンのセブ島やバギオで語学留学に行った後、そのまま現地でインターンとして働く方も多いと思いますが、たとえインターンだとしても観光ビザで働くのは絶対にやめましょう。

もしとある企業や団体で働いていたことによって何らかの金銭的取引が発生し、それがフィリピン側に知られたら最悪の場合、強制送還されて入国管理局からブラックリストに乗せられることがあるので要注意です。たとえ通訳などの個人の間での取引でもばれる可能性があるので、今後もフィリピンで過ごしたい方は観光ビザで働かないようにしましょう。

 

主に就労ビザを発行しない業種

主にコールセンターや通訳などの業務委託をしているBPO会社では、人材の入れ替わりが激しいので就労ビザを発行してくれない可能性が高いです。そういった会社でも、ジョブポットやセブポットなどの現地求人雑誌に一年中求人を出していたりするので注意が必要です。また人事から就労ビザを発行したと言われても、ちゃんとした就労ビザを発行していなかったこともあるので大使館でチェックすることもお勧めします。

 

こういった業種に限ってなぜ就労ビザを発行してもらえないのかというと、外国人がフィリピンで働けるための許可証:外国人雇用許可証(AEP)の取得費用が非常に高い事が大きな理由として挙げられます。万が一試用期間中にやめられてしまったら、会社にとってはかなりの損になってしまいます。だからと言って就労ビザを発行しない正当な理由にはなりませんが、こういった会社がいくつもあるというのは事実ですので、就職活動をする際には十二分に気を付けてください。

 

観光ビザでお金を稼いでいることが発覚した場合

もし観光ビザで働いていて、違法行為が発覚した場合は禁固刑や罰金の上に強制送還されてブラックリストに追加される恐れがあります。

一度ブラックリストに載った場合は再度フィリピンに入国するのは非常に困難です。会社の非によってあなたの経歴にも傷が残るのでこういった事態が起きるのを避けておきましょう。

またフィリピンでブラックリストになったことで他の国に入国できないことや観光ビザさえ取得できない状態になってしまいます。そういった場合はベトナムやマレーシア、タイなどの国にも入国できない可能性もあるのでブラックリストに載せられるという事は、おそらく皆さんが想像するよりはるかに重大な事です。

一応ブラックリストの解除は可能

しかし、もしブラックリストに載せられてしまっても、日本で数多くの業者がブラックリストの解除(リフティング)を依頼すれば解除ができなくもありません。ただし相場は最低10万ペソからと決して安くはありません。会社に騙された!と主張して訴訟を起こす事もできなくはないですが、これまた相当な時間とお金を費やす事になるのは目に見えて明らかです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は違法就労について起きてしまう最悪な事態を書いてみました。日本だけではなくフィリピンのような海外では、こういった悪質な会社が多く、知らない間に思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも十分あり得ます。また、こういったトラブルに巻き込まれた場合は、解決に至るまで様々な手続きをしなければいけないため、たくさんのお金と時間を費やす必要があるので、とても手間が掛かります。就職活動をする際には就職する会社がきちんと就労ビザを発行してくれるのかある程度調べる必要があります。

 

ネット上でも会社の評判を調べてどういった会社なのか調べることもできるので、就労ビザを発行してくれるのかある程度把握することができます。まずはきちんと調べてどんな会社なのか見極める必要がありますね。

タグ:,
コメントをのこす