超安全!フィリピンで絶対に重宝する配車アプリGrabの登録方法まとめ

超安全!フィリピンで絶対に重宝する配車アプリGrabの登録方法まとめ

みなさんこんにちは!フィリピンではジープニーやトライシクル、タクシーなどの交通機関がありますが、発展途上国のフィリピンではまだまだたちゃんとしていないところが見受けられるかもしれません。特にドライバーの荒い運転や、ぼったくりなどには困らせれてる人がかなり多いと思われます。

しかし、そういったフィリピンでも安心して利用できる配車サービスがあるのをご存知でしょうか?

実はフィリピンにはGrabという配車サービスがあります。こちらは使い方もスマートフォンさえあればだれでも利用することができ、乗客からのレビューシステムを気にしてか、運転手の方もちゃんとした人が大半なので、フィリピンに来て右も左もわからないという人でも安心してご利用いただけます。

今回は、Grabの登録方法について書いていこうと思いますので、ぜひ参考にしてください!

Grabの登録方法

Grabを利用するにあたって、まず最低条件としてAndroid(アンドロイド)またはiOS端末のスマートフォンを所持している必要があります。AndroidではGoogle Play(グーグルプレイ)から、iOSの場合はiTuneからダウンロードすることができます。ダウンロードの際には、ネットワーク環境によって、ダウンロードするの時間が異なりますので、フィリピンに来てから野外でダウンロードするという場合は、辛抱強く待ちましょう。

ダウンロードできたら早速アプリを開いてみましょう。

ユーザー登録をする際には、フェイスブックのアカウントまたはグーグルアカウント(iOSの場合は異なる場合があります。)フィリピン国内の電話番号が必要となります。

3つの項目のうち1つを選んだら、電話番号を要求されるので入力しましょう。また電話番号はフィリピン側の番号を記入してください。もしフィリピンの電話番号をお持ちでない場合は、コンビニやスーパーなどでSIMカードを購入できるのでそちらの方を使用してください。そのあとは記入された電話番号にて4桁の認証コードが送られてきますので、それを入力して認証されたら名前やメールアドレス登録の画面に進みましょう。

 

4桁の認証コードを記入した後は、アカウント名と現在使用しているメールアドレスを記入してアプリ内の登録を完了させることができます。登録完了後は、Grabのドライバーに目的地を伝えて、現金またはクレジットカードでお支払いをすることができます。

 

登録後の利用方法

スマートフォン上で登録が完了した後はアプリ内でマップが表示され、最初は今いる現在位置を示してくれます。アプリ内で目的地を伝えるには上にある項目に場所の名前を記入することで目的地が反映されるので、そちらをタップすればオッケーです。

※ご利用中のSIMカードによってはGPS(位置情報検知)の精度が低く、自分がいる場所とは違った場所にピンをセットされている場合もあります。配車前に必ずピンの位置が自分のいる場所かどうか確認するようにしましょう。

 

乗車料金は、アプリ上で予約する前に画面下に表示されます。

予約をする前にあらかじめクレジットカードまたはデビットカードを登録しておけば、料金のお支払いは自動的に行われます。クレジットカードの他にも現金でのお支払いをすることもできるので、カードをお持ちでない方は現金支払いで利用しましょう。しかしラッシュアワーや地域によっては料金が極端に異なる場合がありますので、予約する前に料金の確認をしておくことをおすすめします。

また予約をする際に、「note」というドライバーあてにメッセージを送る機能も付いているので、来ている服装の色などを伝えればドライバーの方も見つけやすくなると思います。

予約をした後は、近くにいるドライバーを検索し、誰か空いている人がいれば応答してくれるので気長に待ちましょう。もし応答した場合は画面上でドライバーのプロフィールが表示され、マップ上でどこにいるかをかくにんすることができるので到着するまでどれくらいかかるのかある程度把握することができます。

もしちかくに来た場合はsmsメッセージにて連絡がくるので、辺りを探して車に乗りましょう。

Image result for grab review

車に乗って無事に目的地に就いた後はドライバーの評価をすることができるので、もし荒い運転でなく安心できるサービスを提供された時には高評価を付けてみましょう。ただしもし運転が荒くなおかつアプリには表示されない追加料金を請求された場合はアプリ上でクレームを入れることができるので万が一のことが起きた場合はクレームを入れるようにしましょう。

とはいえ、基本ドライバーの方はGrabの方できちんとした審査を行って契約をしているので、そういったトラブルに巻き込まれるのはあまりないでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はGrabタクシーの登録方法とその使い方について書かせていただきました。日常でスマートフォンをよく使う方にはこういったアプリが使えるのはとても便利だと思います。ましてや発展途上国であるフィリピンできちんとしたサービスを受けられるのはとても珍しいですが、ドライバーを待っている間はスマートフォンを確認する必要があるので、もし道端などでドライバーを待っている場合はスリやひったくりに遭う可能性もあるので周りに気を付けながらアプリを利用することにしましょう。

ちなみにこちらのGrabは、フィリピンだけでなくインドネシア、ベトナム、タイ、カンボジアの一部都市、そしてなんとミャンマーの一部都市でも利用可能です。

東南アジアをぐるっと旅行されている方には、絶対にマストアイテムですから、お出かけ前にインストールしておきましょう。

それでは次回の記事でお会いしましょう!

 

アプリのインストール

Grab App
Developer: Grab.com
Price: Free
コメントをのこす