【フィリピン料理】日本人にも人気なフィリピン料理をまとめてみた!シシグやシニガンなど

【フィリピン料理】日本人にも人気なフィリピン料理をまとめてみた!シシグやシニガンなど

日本ではあまり馴染みのないフィリピン料理。フィリピンではどんな料理がおもてなされるかきになりますよね?フィリピン国内の主食はお米で、鳥肉や牛肉、豚肉、魚介類などを食材として使った料理があります。特に揚げ物や炒め物が多くとてもこってりとした物が多いです。
日本にもいくつかフィリピン料理を提供しているレストランがあるのですが、あまり多くないので日本ではあまり馴染みがないかもしれません。

しかしフィリピン料理の中でも特に日本人に人気な物もある上。日本から由来したデザートもあるのは知っていましたか?

 

今回はフィリピンで有名な料理いろいろと紹介していこうと思います!

 

レチョン Lechon

レチョンは豚の丸焼きで誕生日や結婚式などのおめでたい日に出される料理です。

まずは豚の内蔵を取り除いた後、中に生姜や玉ねぎ、こしょう、にんにく、玉ねぎ、タンラッドという葉っぱをつめます。

その後は大きさによって4時間~5時間掛けてゆっくりと焼きます。

焼き上がった後は食べやすいように切り刻みます。特にパリパリと仕上がった皮はとても美味しいです。

 

レチョン パクシウ lechon paksiw

レチョン パクシウは余ったレチョンをソースで煮込んだ料理です。玉ねぎやニンニク、こしょうとお酢を混ぜて仕上げます。

レチョンは基本、豚を一匹丸ごと焼いて食べるのですが余ったお肉を長期的に保存する為に工夫された料理になります。

 

 

アドボ adobo

日本人の方にも人気なアドボです。

アドボとはスペイン語であるアドバー(adobar) 漬けて調理をするという単語から由来しています。

基本的に醤油や酢などで煮込んで、好みによって砂糖やパイナップルを入れます。

そのバリエーションは各家庭によって様々です。スープの量が多かったリ、少なかったりもします。

甘みのある風味や塩辛く仕上げる人もいます。

 

カルデレータ kaldereta

カルデレータとは牛肉やヤギの肉を使っているシチューです。見た目が赤いのですが辛くはありません。

フィリピンの代表的料理の一つでアドボと同様にスペインから伝わった料理です。

レバーペーストを入れることでコクのある味に仕上がります。

 

シニガン sinigang

シニガンとはタマリンドを使用している酸味のある料理です。

材料主に豚肉を使用しているシニガン ナ バボイやミルクフィッシュを使用したシニガン ナ バグスなどが定番です。

タマリンドの他にもカミアスやバヤバス入れている時もあって、カミアスは甘酸っぱく、バヤバス酸っぱさより甘みのある味に仕上がります。

 

シシグ sisig

シシグは主に豚の肉や耳を切り刻んで、鉄板で炒めたフィリピン料理です。

こちらもアドボと同じく、日本の方にも人気でおつまみにピッタリです。

フィリピン料理店だけではなく、飲み屋さんで出しているところもかなり多いです。

カリカリとした感触でとても美味しく、ご飯に合います。

 

ブラロ bulalo

タガイタイの名物であるブラロは牛肉と骨髄をじっくり煮込んだスープです
弱火で6時間ほど煮込む必要があるので、朝早くブラロを提供しているお店は夜から材料を煮込む必要があります。

旨味と程よい塩加減でとてもこってりとした味になっています。

 

カレカレ kare-kare

牛肉と共にナス、白菜、バナナの花をピーナッツソースで煮込んだフィリピンの伝統料理です。
見た目はカレーに似ていますが日本のカレーと違って少し甘みのある味になっています。

バゴオンというシュリンプペーストを付けながら食べます。
バリオフィエスタ(barrio fiesta)やアリストクラット(aristocrat)などの伝統料理を提供しているレストランでは必ずと言っていいほどカレカレのメニューがあります。

これは余談ですがバリオフィエスタ(barrio fiesta)が販売しているシュリンプペーストもありますので、ご自宅でカレカレを作るついでにシュリンプペーストを用意しておくのをおすすめします。

 

ニラガ nilaga

ニラガは食材を煮込んだダシが聞いているスープで、ブラロと違ってあっさりとした味になっています。

ニラガは日本語で「煮込む」という意味を持っています。こちらはシニガンと同じく牛肉を使用しているニラガンバカや豚肉のニラガンバボイ、鶏肉のニラガンマノックの3種類があります。

この中で最も定番なものは牛肉を使ったニラガンバカでとてもダシが効いているあじになっています。

野菜はキャベツや少し大きめのトウモロコシ、ジャガイモ、白菜などと一緒にお肉を煮込みます。
大体ニラガはあっさりしているので少し物足りないと思う時は、ご飯にナンブラーをすこしづつ付けながら食べることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか!

フィリピンにはおいしい料理がたくさんあります。しかしその大半はとてもコレステロールが高いので、食べすぎには注意しましょう!

コメントをのこす